一人暮らし 防犯対策

ホームセキュリティ 一括資料請求

住所を入れるだけで、その地域に対応する警備会社がわかります

大手警備会社の資料をまとめてお取り寄せ

自分で自分をまもるという意識

進学や就職・転職・転勤などで一人暮らしをはじめる方も多いと思います。
家族と一緒に暮らしてきた時とは違い、
防犯に対する意識も少し変えていったほうがいいと思います。
自分の身は自分で守るという意識を持つことからはじめるとわかりやすいかもしれません。

 

 

基本的なことですが、
部屋にいるときは必ず鍵とチェーンはかけるようにしてください
いきなり部屋に入り込まれたら逃げ場はありませんので
基本中の基本として忘れないで下さいね。
鍵についても参照してください。

 

 

一人暮らしで特に気をつけることは、
できるだけ部屋に他人を入れないということでしょう。
通販の荷物なども
コンビニ受け取りにしたほうが安心かもしれません。

 

誰かが来たとしても
無防備にドアを開けないようにしましょう。
必ずドアスコープで確認し、
応対もドアチェーンをかけたまま対応したほうが安心です

 

作業着を着て点検で来たという場合も、
事前の連絡がない場合は大家さんんや点検会社に連絡して
確かめたほうがいいかもしれません。
とにかくそのくらい意識をしっかり持ったほうが安心だと言えます。

 

 

ドアだけでなくベランダの鍵も必ずかけ忘れないように気をつけてください。
1階じゃなくても油断禁物です。
高層マンションであってもベランダからの侵入というのは以外に多く、
無施錠の窓を開けて入られることも少なくありません。

 

ベランダに誰かが潜んでいることも考えられますので、
よく見て確かめてから窓を開けるようにしてください。
暑い時期でも窓を開けっ放しで寝るのはやめたほうがいいです、
とても危険です。

 

 

むやみに心配しすぎることはありませんが、最低限の防犯意識は身につけてください。
楽しく快適な一人暮らしを送るためにも大事なことです。

一人暮らしの防犯対策記事一覧

女性の一人暮らし

女性の一人暮らしは気をつけたいポイントがいくつかあります。できるだけ女性の一人暮らしだということがわからないようにするということを意識して行ってください。表札はフルネームでなく苗字だけにすること、もしくは男性名にしておくという手もあります。父親の名前を出しておくのも良いかもしれません。女性のフルネー...

≫続きを読む

ホームセキュリティ 一括資料請求

住所を入れるだけで、その地域に対応する警備会社がわかります

大手警備会社の資料をまとめてお取り寄せ