ホームセキュリティ 選び方

ホームセキュリティ 一括資料請求

住所を入れるだけで、その地域に対応する警備会社がわかります

大手警備会社の資料をまとめてお取り寄せ

ホームセキュリティの警備体制について

ホームセキュリティに加入すると、
まずは自宅に防犯センサーをつけることが必要になります。

 

 

防犯センサーはいろいろな種類があり、
その場所や間取りによって変わることがあるので、
見積を取るときはよく相談してください。

 

防犯センサーはコントローラーで操作しますが、
契約によって留守時だけの警備か在宅時も警備するかで対応がわかれます。

 

家に誰も居ない時だけ守ってほしいという場合や、
24時間見守ってほしいという希望にそって契約すればいいと思います。

 

 

留守宅の警備の場合は、
センサーが異常を察知したら警備会社に知らせが届きます。

 

契約によりますがすぐに警備員が駆けつけて確認してくれますし、
センサーが作動したことを電話で連絡してくれます。

 

 

在宅時でもセンサーが働けば自宅に電話が入るので、
誤作動かどうかをまずは確認して、
不安なら駆けつけをお願いすればいいと思います。

 

 

駆けつけについては、
警備員の待機所から車で25分以内で着くことがほとんどです。
地域によって30分のところもあるようです。

 

待機所は公表していないはずなので、
実際にどこにあるかは聞いてみないとわかりません。

 

 

実はこの駆けつけにかかる時間というのはかなり重要で、
複数の警備会社の見積もりをお願いするときには
待機所の場所を教えてもらった方がいいと思います。

 

できるだけ短時間で駆けつけてくれる方が安心感も大きいですし、
不安があるのに長い時間待っているのはつらいものがあります。
もちろん定期的に巡回しているので、
一番近いところにいる人が連絡を受けて来てくれるようです。

 

 

警備員は警察ではないので逮捕はできませんが、
非常時に対応する訓練を受けているのでどうすればいいかをアドバイスしてくれます。

 

なにより見守ってくれてる人がいるという安心感がいちばんのメリットかもしれません。

ホームセキュリティ 一括資料請求

住所を入れるだけで、その地域に対応する警備会社がわかります

大手警備会社の資料をまとめてお取り寄せ